« 全日本選手権 前日 | トップページ | 明日 »

全日本選手権

全日本マウンテンバイク選手権
今年の一番速い人を決めるレース。
ピリピリした空気とちょっとお祭りみたいな空気の両方が同居する不思議な感じ。

マスタークラスの熱いレースを観て感動し、さー自分の番だと準備を始める。
食事を取ろうとするが、暑さからか緊張からかあまり食欲がない。
最低限食べてあとはゼリーで補う。
ミスティさん、JTさん、自分でハートビューとの合同ピットにてローラー開始。
スタート1時間以上前から周りにあわせて始めてしまったが早すぎる事に気づきひとまず休憩。
こんな早くから始めたら貧弱な自分はスタート前で終わっちゃう。w
トータル20分、うち90%キープを1分弱でアップ終了。
今回の目標は30位台とエキパ勢に負けないこと。
勝負は4周回とふんでいたので積極的にいく予定。
スタートは60番目コールの隣りはR指定のSかい君。
華やかなスタート前から一転、静寂のスタート15秒前。
さあ、初全日本だ!

大会名:2009 JCF 全日本MTB選手権大会
会 場:長野県富士見パノラマリゾートMTBクロスカントリーコース
参加カテゴリ:Senior/Elite
コース距離:4.2 km x 6 Laps = 25.2 km

天候:晴れ
路面コンディション:ドライ(林間マッド)
使用タイヤ:前=IRCシラク2.1 1.75Bar/ 後=IRCシラク1.95 1.7Bar
補給:1stボトル CCD / 2ndボトル CCD(未使用) / 3rdボトル コーラ(未使用)
パワージェル梅
スタートグリッド:60番
出走者数:84人
リザルト:47位

1周目
スタートはまずまず。
シングル入り口で渋滞&足きり早いから最初からガンガンいく。
駐車場には30番台半ばくらいででれた。
作戦通り。
裏のシングルの登りを我慢して登る。
この辺でチョコチョコ抜かれるがしょうがない。
ぬかるんでいるところも空気圧低めのおかげか結構乗っていける。
一度ゲレンデに出て再度シングルに入りまたゲレンデに出る。
心拍高めで苦しい・・・と思っていたらハッシーさんに抜かれた。
まずい、この先ガレたシングルの下りに入るんだ。と、飛ばしたが間に合わずシングルIN。
リズムが合わないが強引に抜けるほど自分は上手くない。
どこかで抜けないかななんて考えてたら最後のドロップのところで自分が前転。
誰かが
「落ち着いて。ボトル落ちてる」
と声をかけてくれたのでボトルを拾いリスタート。
何やってんだか・・・。
ドリンクを飲みたいと思いつつも気が抜けるところがなく、足きりテント過ぎてようやく飲む。
38位

2周目
UNS002からジェルを受け取りトップのタイムが14分半と聞く。(ここで差は4分半くらい→4分と考えてたよ。)
2周目も心拍高めだけどいけるとこまでいくしかない。
苦しいけどいたるところで応援してくれるし、観客が多いので何とかいける。
順位は分からないが周りのメンバーはいつもより上位のメンバーな感じ。
ドロップオフは前に人がいたので慎重に下る。
リフト下の登りで皆が気合いを入れてくれる。
ストラーダの太鼓叩きの人が順位を40位と教えてくれる。
館長から
「目標まであと1人!ピークでかわせ!」
と激を飛ばされたので、ピークで1人かわす。
39位

3周目
勝手にもう1周いけると思いドリンクも減ってなかったのでフィードをパスしようとすると、UNS002が何か言ってる。
が、MCの声が大きくていまいち聞こえずスルー。
駐車場を抜けて新設のシングルを折り返してきて段差になっているところを登ろうとしたら、右足が攣った。。。
攣ることなんて想定内。押しでクリアし乗りなおしたらすぐにまた攣った。
自転車を降りて屈伸しようとするも全体が攣って足が曲がらない。
Sかい君をはじめ次々に抜かれていくが何にもできない。

モウジュンイモワルクナッチャタシ、ウゴケナイシヤメヨウカナ。

どのくらいたったか分からないけど、屈伸ができるようになった。
いつの間にか誰も来なくなってる。
でも動けるようになった。自分からやめる必要はない!
少しづつ走り出す。
動ける。ペースを上げられる。もう一回全力でいこう!
もう前には追いつけないかもしれない。
でも最後まで手は抜かない。
丁寧に速く。
コーナー抜けるたびに前に誰かいろ!と願いつつ。
ドロップオフも全快ですっ飛ばす。
バックストレートに帰ってきたら前にスドーさんを見つけた。
ダンシングで抜いてリフト下にきたら更に前方にKジュさん発見。
ちょっと遠いかなと思ったら館長が
「行けー!前追えー!!まだいける!!」
って何度も何度も激を飛ばしてくれる。
もう足きりされる最後の方だよ。今更感さえある、後ろにトップが見えてるくらいだしね。
普通ならそこまで熱く応援なんてしないよ。
でも走ってる本人は本気で走ってるから、やっぱスゲー嬉しいよね。
この終盤にきて心拍100%になってたよ。w

結局Kジュさんには逃げられた。
後ろからはスドーさんも追ってきてた。
レースしてない人からみたらどーでも良い順位争いだけど、最後まで本人達は必死に走ってた。
あー、レースは面白いなー!!
47位




Ad30


photo by やまさん

今回は足きりが早いと思ったので飛ばしていった。
平均心拍も1周目2周目は90%を余裕で超えていた。
ちょっとギャンブル的な感じはあったのでこの結果はしょうがない。
水分補給が少なかったのは今後の課題だな。
でも4周はいけると思ってた。
こーへー速すぎ!

N里さんにレース後
「UNS001君下り速いねー。あのドロップオフのとこ笑って入ってきてたのUNS001君だけだよ」
って言われた。
3周目に見てたらしい。
そっか笑って入ってきてたか。
必死だったけど楽しんでたんだな。
Y吹さんがビデオ撮ってくれたらしいので今度見せてもらおう!

|

« 全日本選手権 前日 | トップページ | 明日 »

MTB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177318/45758564

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本選手権:

« 全日本選手権 前日 | トップページ | 明日 »