« J2修善寺前日 | トップページ | エリート昇格!! »

J2修善寺

10月26日
いつものように起きてスポーツを観戦。
今回は番長の表彰とうっちーの昇格、初出走のI藤くんの走りが見所。
フィードのちょっと上で観戦してたら番長トップで通過。
うっちーも20位台で通過してる。
I藤くんもレース含めて山走ったのが1桁なのに31位。
なかなか期待が出来る。
結局番長は粘って3位表彰。
うっちーはJ3白馬を入れないと49位となんとかあがれそう!?
2人ともおめでとう!

スポーツ途中から雨が降り出す。
アップを開始しに駐車場に戻りローラーを回す。
自分の技術じゃこの雨だと登りがダメだな。
番長かUNS002が帰ってきたらタイヤを交換してもらおう。
と思っていたらなかなか帰ってこない。
時間がないのでアップを少し短めにして暇そう手伝ってくれそうな人を探す。
ノース君と館長がいたのでタイヤ交換をお願いする。
ノ:「タイヤ交換くらい出来ないようじゃエリートあがっちゃダメです」
ハイ、やれるようにしておきます。。。


大会名:JCF MTBジャパンシリーズ J2修善寺大会 XCO
会 場:静岡県サイクルスポーツセンター特設コース
参加カテゴリ:エキスパート
コース周回:5周

天候:曇り
路面コンディション:ややウェット
使用タイヤ:前=IRCシラク2.1 / 後=IRCスティンゴ1.8 F1.9/R1.85Bar
補給:1stボトル アミノバイタル / 2ndボトル アミノバイタル / 3rdボトル コーラ
カーボショッツコーラ
スタートグリッド:9番手
出走者数:44人?
リザルト:15位


6周回→5周回に変更になりスタートから行くか迷ったままスタート。
まずはガツンとシングル手前20Mくらいで4、5番手くらいになるがこのままのペースで行くか一瞬迷っていたらあれよあれよと20番手後半くらいに・・・。
何やってんだか。
とにかく今はレース中、気を取り直して後半から追い上げよう。
当然しばらく押し。
前はJTさん。その後は淡々とシングルをこなし舗装路に出たとこで数人抜かす。
後はちょこちょこと抜きつ抜かれつして終了。
28位?

2周目
エリート昇格ラインのYさんがチェーンを切ったらしくコース脇にいた。(残念)
シングル抜けた後でノース君が
ノ:「タイヤ換えたって変わらなかったでしょ!?」
俺:「いや、すげー助かってる!」
実際後ろがしっかりトラクション掛かって助かった。
UNS002にカーボショッツ(コーラ)をもらい補給。
今回UNS002に譲ってもらったんだけどあんまり美味しくない・・・。
やっぱパワージェル梅味が一番。

3周目
シングル抜けた後で館長が
館:「5人前yamsさん。早く追いついてアシスト!」
背中が見え始めたんで自分も追いつきたいと思いながらも詰まらないんですわ。(涙)
UNS002に
「前(今日のライバル指定の)U君だよ」
と教えてもらい更に気合を入れる。
最後の登りを登っていたらTKプロに
「UNS001さん、数人前にyamsさんいるよ。頑張って追い越せ!」
おぉ、TKプロに名前で応援してもらったの初めてだ。

4周目
シングル入ってU君に追いつく。
舗装路に出てパス。
俺:「前追うよ!」
U:「頑張ってください」
なんだ着いて来ないの?
そのまま数人抜いたら裏のダブルトラックの登りでyamsさんが見えた。
その後のシングル下りでやっと追いつく。
疲れからか焦りからかyamsさんのいつもの下りじゃない。
ドロップオフで転倒したので
俺:「落ち着いていきましょう!!」
y:「前、行くかい?」
俺:「大丈夫、待ってます」
y:「ありがとう!」
俺:「これで、八幡浜の借りを返せましたよね?(笑)」
y:「あぁ、UNS001君か」
Fメカの調子がいまいちらしいので自分が前を行くことに。
シングル下りを終えてグランドに出るとちょっと離れていたが、yamsさんのことだから登りで追いついてくるだろうと思い前の2人パックを追う。
1人はたかーん君だ。
彼は残留争いで今回は20位前後を取らないとまずいと言っていたので、少しでも引いてあげようと思い最後の下りに入るまえで抜きに掛かる。
俺:「右行きまーす」
と抜いた瞬間、石(?)にハンドルを取られ1回転!
2人の行く手をふさいでしまう。。。
謝って先に行ってもらう。
何やってんだ俺は!
ホント自爆で良かったよ。
たかーん君巻き込んでDNFにしちゃったら申し訳が立たないよ。
「着いてこい」とか言わなくて良かったよ。。。
幸い右足の打撲だけで自転車も大丈夫だったのでリスタート。
フィードでyamsさんに追いつかれる。
17位

最終周
舗装路をyamsさんの前で引く。
シングルに入ったとこで2人抜いたら後ろから
y:「ふざけんな!」
ん、何かトラブったか?
後ろに気配が感じない。
心配しつつもシングルの先に見えたいなさんを追う。
ダブルトラックの登りで追いつき
俺:「最後勝負ですね」
と声をかけ抜く。
ピッタリ後ろについてるなと思っていたら、横から予想しなかった影が!
ん、yamsさん!?シングルで後ろに全然見えなかったのに!?
いなさんがyamsさんの後ろに着いたが自分は着いていけず。
俺:「おぉ!すげー、そのまま行っちゃってください!」
ここでこれだけ強いのか!
そのままエリートまで駆け上ってください。
大分離されて下りパートへ。
コーナーを抜けたら、ん!?yamsさん!?
なんでまだそこにいる?
あれ?チェーンがブラブラしてるんですけど・・・。
えっ、えー!!咄嗟に
俺:「あきらめずに押して行きましょう!」
もしかしたら押し担ぎでは日本トップクラスのyamsさんだから・・・、なんて期待しつつ前を追う。
ドロップオフ手前でいなさんともう1人に追いつき、先頭がドロップオフで転倒したのでパス。
再度いなさんとテールトゥノーズ。
シングル出口のアスファルトに出るところでいなさんがスリップ。
大丈夫ですか?と声をかけながらパス。
後ろにT谷さんが見えていたのでラストスパート。
グランド出る頃には15秒くらい差があったのにフィードのところで追いつかれた。
ちょっとだけ競ったけど着いていけずジ・エンド。
垂れていたら、ドロップオフで交わした人に更に抜かれた。
結果15位。

ゴールしてしばらくするとyamsさんが押しでゴールに入ってくる。
仲間からの声援が飛んで感動のゴールかと思いきや・・・、ゴール前でJTさんにさされた。(笑)
結局yamsさんは昇格を逃してしまった。
残念だけど来年は前半戦で昇格を決めるらしいので楽しみ。

自分はもうスタートのとこでダメダメだった。
積極的にいかなきゃ。
来年はガッツリいきます!

|

« J2修善寺前日 | トップページ | エリート昇格!! »

MTB」カテゴリの記事

コメント

まずは昇格おめでとう!
でも、昇格したことに満足しないでね。
今冬は、エリートで闘えるようにガンバろう。

投稿: yams | 2008年10月29日 (水) 21時55分

>>yamsさん
ありがとうございます!
エリートでしっかりレースが出来るように今冬もしっかり鍛えてください!

投稿: UNS001 | 2008年10月30日 (木) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177318/42945175

この記事へのトラックバック一覧です: J2修善寺:

« J2修善寺前日 | トップページ | エリート昇格!! »