« J1 XCO最終戦瀬女(前日) | トップページ | 筋肉痛 »

J1 XCO最終戦瀬女

10月19日
今日のコースは結構ハードなのでリアサスをフリーにしようかと思ったけど、勝負どこの最終戦で普段と違う事するのも・・・と思いプロペダル1に(いつもは2)変更。
スポーツのレースを見ながら30分弱アップしてたら、番長が4位フィニッシュ!!
うぉー、スゲェ!絶対垂れると思ったのに。(笑)
その他の皆さんもまずまずの成績で良かった。

うっちーにライバルリストを渡して
俺:「この中で何番か教えて」
って頼んだら
皆:「何々」
と皆が興味津々で
皆:「よっしゃー、皆で確認してあげるよ」
ヤバイ・・・、そんなサポートしてもらっちゃったら・・・。
皆:「その代わりちゃんとエリートに上がってね♪」
ですよね。(汗)


大会名:JCF MTBジャパンシリーズ J1瀬女高原大会 XCO
会 場:石川県白山市 瀬女高原スキー場特設コース
参加カテゴリ:エキスパート
コース距離:6km×5周
コース標高差:70m
スタート時刻:11:00

天候:晴れ
路面コンディション:ドライ(林間ところによりややウェット)
使用タイヤ:前=IRCシラク2.1 / 後=IRCミブロ1.95 F1.9/R1.9Bar
補給:1stボトル アミノバイタル / 2ndボトル アミノバイタル / 3rdボトル コーラ
パワージェル梅×2
スタートグリッド:14番手?
出走者数:69人
リザルト:15位


2列目左寄りに並びライバル達を確認。
今回は抜きどころが少ないしシングルで詰まるのが嫌だったので最初から行く予定。
程好い緊張の中スタート。
7、8番手くらいでダブルトラックの登りに入る。
このくらいの位置をキープしてシングルに入りたい。
無理をし過ぎないようにしかし抜かれないようにシングルに入ったときには心拍100%!!
なんとかodjさんの次でシングルを下っていく。
上り返しの坂で前の人と前輪がぶつかってしまい足つき。
後ろの人に迷惑かけたなと思い
俺:「すいませーん」
後:「大丈夫。落ち着いて」
あら余裕のある人だなと思ったらその人優勝してた。
きもだめしの激坂をこなし優勝者に抜かれたので後ろをちょっと見たら後ろは全然来てなかった。
飛び出し作戦成功だな。10番手ちょっと。

2周目
UNS002にパワージェルをもらい補給完了。
ダブルトラックの登りでチョコチョコ抜かれるがライバル指定の選手を発見。
登りで抜きたかったが抜けずシングル下りでプレッシャーをかけて、シングル終わりのコーナーで抜く。
そこから折り返し下り基調のシングルを無難にこなしきもだめし坂へ。
途中前輪がハマリ転倒。
後ろが来てなかったので落ち着いて乗りなおしたらチェーンが外れてるし・・・。(涙)
下り終わってチェーンをはめてたら2、3人に抜かれた。
ゲレンデ脇で皆が
皆:「今3位だよ」
と教えてくれた。うん、まずまずだな。

3周目
またダブルトラックの登りでチョコチョコ抜かれるがさっきのライバル指定の選手を発見。
今回は登りで抜けたと思ったら、向こうもランキングが近いのを知ってか抜き返された。(涙)
どうせ抜けないなら少しペースを落とし間をあけてシングル突入。
前の周と同じ場所でライバル指定を抜く。
前の周にきもだめしを押してる選手がいたので何とかその選手より前に出たくてシングルで抜く。
上り返しを登ったら両太ももが軽く攣る・・・。(涙)
早くねぇ!?あと2周半もつのか?
何とかごまかしきもだめし坂を下り、その後2、3人に抜かれながらノロノロゲレンデへ戻る。
ゲレンデ脇で皆が
皆:「今2位だよ」
と教えてくれた。よし、頑張れば何とかもちそうだ。
石のゴツゴツした登りを登れず押す。
ガタガタなる蓋を走っていると後ろが迫ってきてる気がする。
ゲレンデに戻ると
皆:「後ろと10秒」
ヤバイぜ。

4周目
足が攣ったので緊急用のポケットのパワージェルを補給し、更にUNS002からボトルを受け取る。
さっきとは別のライバル指定に抜かれるが見送り。
シングルの下りでガンガン下っていると何故か結構道を譲ってくれる。(前ブレーキの音鳴りがいいのかな?)
皆優しいなー、ライバル指定も譲ってくれて難なくパス。(某館長や某UNS002みたいにタイヤあてて突っ込んでないですよ!)
もちろんきもだめし後の登り基調で抜かれましたが。(その時はちゃんと道を譲ります)
ゲレンデ脇で皆が
皆:「今3位だよ。前と20秒」
石の登りを足つきで登ってゲレンデに戻ると
皆:「後ろライバルが2、3人パックになってるよ」
マジヤバイぜ。

最終周
UNS002コーラをもらいライバルを追走しようと思うが大分上にいる。。。
と、登り始めたらDJがyamsさん含むライバルの名前を読み上げてる。
差が縮まってきた!?
苦しいのは上り返しと畦道後の斜度のキツイ坂だけと集中しなおして走る。
きもだめしを下った後にライバル指定50Mくらい先に見えたがその後は徐々に離されていった。
斜度のキツイ坂を何とか登りきり後は何とかなると、必死でゲレンデまで戻ると皆が
皆:「今3位だよ。後ろいるからね。ラスト!」
と励ましてくれる。
その登りでライバルに抜かれた。
後ろを見たら誰もいなかったのでそのままライバルをスルーしてしまった。
登りきって下り始めて追ったけど後の祭り。

15位(ライバル4位/10人)


結果は良かった。
最後を軽くスルーしてしまったのが悔やまれる。
この順位ならまずまずで何とかなるだろうと考えてしまった。
反省だな。
まあこの結果でエリート昇格が大分近づいた。
ホント、サポート、応援してくれてる皆さんのおかげです。
ありがとうございました!!

|

« J1 XCO最終戦瀬女(前日) | トップページ | 筋肉痛 »

MTB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177318/42859495

この記事へのトラックバック一覧です: J1 XCO最終戦瀬女:

« J1 XCO最終戦瀬女(前日) | トップページ | 筋肉痛 »