« 20日 | トップページ | 新春MTBその2 »

新春MTBその1

今日はデュアスロンの予定でしたが、諸事情があり中止に。その代わりにレジェンドツーリングに誘っていただきました。

メンバーは全日本チャンピオンTKプロ、F谷さん、yamsさん、館長、カイザーさん、天才様、SJさん、ノースさん、ヨシアキさん、JTさんの超豪華キャスト。今日のミッションは皆さんに迷惑を掛けない程度に最後まで着いて行けるようにする事とお母さんからのミッション「TKプロの写真を撮ってくること」の2つ。まずは朝の集合で声を掛けられる雰囲気かチェック。オーラが出ていてとても近づけません。お母さん今日のミッションは達成できないかも知れません…。

アプローチから地獄の速度で飛ばすので遅い組は早めにスタート。強烈な圧力を受けながら何度も後ろを振り返り逃げる。と、激烈なスピードでTKプロとカイザーさんが通過。あのー、ここ登りなんですけど…。しかしヨシアキさんがTKプロに喰いついてるよ。すげーな。あれ、でも本体がもう既にバラけてるってどんな速度でアプローチしてきたんだろう?なんて考えてギアを変えたらチェーンが外れてしまい、直していると天才様とノースさんがきたので何とか喰らいつく。頂上を越えてやっと下りに入る。軽快に飛ばすが休憩ポイントでJTさんが来ない。しばらく待ったが来ないようなので放置になってしまった。厳しいー、明日はわが身だな、頑張らねば。
さて、次は結構良く走っているK尾根。ここは僕がいつも下ってくるところを逆走するらしい。トップが頂上に着いたら折り返してくると言うことで完走できるのは数人。どこまで登れるか。。。神社までは軽快に登れたが尾根に入ってからは徐々に遅れ始める。前のヨシアキさんがちらちら見えるとこにいたのだがそれも序盤まで。途中あまりにも前が見えなくて不安になって後ろのyamsさんを待とうかと思うが、登ってくる気配が感じられないのでそのまま進む。すれ違う登山者に「すいません、自転車とすれ違いませんでしたか?」と3度ほど聞いてしまった。(笑)答えは決まって「いましたよ。(そんなへろへろしてませんでしたから、違うグループかと思いましたが)」
間違ってない、自分が遅いだけだと3度も確認してしまいました。しかし、おかしい。もうTKプロあたりが下ってきてもいい頃なんだけど。。。まさかこんなに登れると思わなかったから足が残ってないんですけど…。早く来てください…、ってもう頂上じゃん!何故だか分かりませんが随分待っていただいたようで、皆さん厳しい優しいですね。(一思いに殺してください)「あ、平井君休んでる暇は無いからね、降りるよ。」やっぱり、皆さん恐ろしい優しいですね。
まだまだ地獄の新春MTBは続くのでした。

|

« 20日 | トップページ | 新春MTBその2 »

MTB」カテゴリの記事

コメント

何が恐ろしいって、レジェンド達との走りの中で、遅いヤツは、休むことも出来ないってこと。
これは、昔からの伝統なんですよ。
少しでも休みたければ、一人でも前にでること。です。

良い経験をしましたねー(爆

投稿: yams | 2007年1月22日 (月) 11時09分

ええ、良い体験をしました。(笑)
でもホント楽しかったです、最初は。(笑)
貴重な体験させてくれてありがとうございます。
また誘ってください!

投稿: UNS001 | 2007年1月24日 (水) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177318/13610627

この記事へのトラックバック一覧です: 新春MTBその1:

« 20日 | トップページ | 新春MTBその2 »